GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

ニュースリリース

グンゼ株式会社

11/27(日) 看護師向けセミナーを初めて実施しました
「乳がん患者のセルフケア ~スキンケアと下着について~」

グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:児玉 和)は、乳がん患者に対するセルフケアと下着の大切さを中心に、医療現場での皮膚トラブルの対処法などを紹介する「看護師向けセミナー」を初めて実施しました。

本セミナーは、健康・医療事業拡大に向けた「ナイチンゲールプロジェクト」の一環として、「乳がん患者のセルフケア~スキンケアと下着について~」というテーマのもと、基調講演と乳がん看護、がん放射線療法看護の認定看護師(※)3名によるパネルディスカッション、質疑応答の3部構成で実施。

第1部の基調講演では、まず大阪府立成人病センター 乳がん看護認定看護師 渋谷和代氏から「乳がん患者の皮膚トラブル」と題し、「外科」「抗がん剤」「放射線」治療の皮膚トラブルと対処法について、続いて当社 研究開発部川崎陽子から「医療現場で求められている肌着とは」と題し、皮膚症状に応じた下着の選び方や素材など、実際にサンプルに触れていただきながら解説。

第2部のパネルディスカッションでは、「医療現場におけるセルフケア指導」について、大阪府立成人病センター乳がん看護認定看護師 渋谷和代氏、八尾市立病院 乳がん看護認定看護師 吉野知子氏、大手前病院 がん放射線療法看護認定看護師 岡田珠美氏それぞれのご経験を踏まえた対処法や現場の声などが語られ、セミナー参加者との課題共有を図りました。

認定看護師:公益社団法人日本看護師協会が実施する認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた者。乳がん看護、がん放射線療法看護のほか、救急看護、がん化学療法看護など21分野あり、2016年7月時点で17,433名が登録しています。


セミナーの様子

セミナー概要

日時
2016年11月27日(日)
13:00~15:20
会場
ハービスPLAZA5階 会議室
大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA
参加人数:
66名(約40の医療機関)
内容

第1部 基調講演 (13:00~13:40)
「乳がん患者の皮膚トラブル」 乳がん看護認定看護師 渋谷和代氏
「医療現場で求められている肌着とは」 グンゼ株式会社 研究開発部 川崎陽子

第2部 パネルディスカッション (13:40~14:40)
「医療現場におけるセルフケアの指導について」
大阪府立成人病センター 乳がん看護認定看護師 渋谷和代氏
八尾市立病院 乳がん看護認定看護師 吉野知子氏
大手前病院 がん放射線療法看護認定看護師 岡田珠美氏

第3部 質疑応答 (14:50~15:20)

本セミナーの様子やアンケート結果については、「MediCure( メディキュア)」ブランドサイト(http://www.medicure-gunze.com/)にて随時公開していきます。

以上

協力:地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター

グンゼは2015年度より、ピンクリボン運動を推進している認定NPO法人「J.POSH」のオフィシャルサポーターとして、その活動を支援しています。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係の方からのお問い合わせ
広報IR室 (大阪) 
TEL:06-6348-1314(担当/小倉・谷川・川野)
一般のお客様からのお問い合わせ
お客様相談室 
フリーダイヤル :0120-167874
(受付時間:月~金曜日/9:30~17:00)※土日祝日、年末年始などの休暇を除く

掲載されている情報(製品情報、サービス内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース一覧へ戻る