GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

マテリアリティ(CSR重要課題)
の特定プロセス

グンゼグループは「創業の精神」に立ち返り、本業を通じて社会を取り巻く課題の解決を進めていきます。

ステークホルダーアンケートの実施

第1ステップとして、49項目の課題の中からグンゼグループの重要課題を選定するアンケートを構成員(ステークホルダー)を対象に実施。1,184件の回答から課題を上位30項目に絞り込みました。

CSR重要課題の分類

重要課題として絞り込んだ30項目をもとに、ESGやSDGsの視点、また従業員以外のステークホルダーの意見などと照合し、「ステークホルダーの重要度」と「グンゼグループにとっての重要度」の2軸で総合的に評価し、CSR重要課題をマッピング、優先順位をつけました。

マテリアリティの特定

上記、CSR重要課題の分類・マッピングに基づき、中期経営計画「CAN 20」をスピードをもって達成できるよう、

  • 1.「QOLの向上への貢献」
  • 2.「緑豊かな環境づくりと環境問題対応」
  • 3.「職場環境改善・働き方改革」
  • 4.「より良いコミュニティ・社会づくり」

をグンゼのマテリアリティ(CSR重要課題)と位置付けました。
最終的にCSR重要課題は、CSR委員会で審議した上で、グンゼの「マテリアリティ」として決定しました。

マテリアリティの特定

図を大きいサイズで見る

マテリアリティの特定