電子部品事業部Electronic Components Division

HOME / タッチパネル

タッチパネル

タッチパネルを通して使いごこちのよい製品をお客様にお届けいたします。

1985年に事業化して以来、積極的に市場に参入・拡大を続けており、現在の主力製品であるタッチパネルは、 パソコン、タブレットを中心としたデジタル機器分野に活用されています。
一言でタッチパネルと言っても、静電容量式、抵抗膜式、光学式、超音波式、電磁誘導式など、検出原理が異なるさまざまな方式があり、使用する機器の用途によって使い分けられています。
グンゼは、新しく開発した透過型静電容量式タッチパネル(多点入力可能)と、より多くの製品に搭載されている抵抗膜式タッチパネルの生産を中心に行っています。
今後、長年の事業経験で培った高品質を活かしタッチパネルを車載市場、タッチパネルの貼り合せ技術を活かしタッチパネル付液晶モジュールを業務市場(POS、医療用機器、発注端末など)へ拡販を進めてまいります。

静電容量タッチパネル(PCAP)

○静電容量タッチパネルはCapacitive Touch panelといい、指での多点入力を特徴とする透過型(投影型)タイプをProjected Capacitive Touch Panelの名称から別名“PCAP(ピーキャップ)”とも呼ばれています。

○グンゼではこのPCAPテクノロジーを用いたタッチパネルの設計・販売をしています。

静電容量タッチパネル付液晶モジュール

○タッチパネルと液晶ディスプレイを貼り合せた製品で、産業機器用途(FA機器、医用機器、POS端末など)にご提案します。

○タッチパネルの貼り合わせの手間を省力化し、国内メーカの液晶を採用することで高品質なモジュールを小ロットで安定供給します。

静電容量タッチパネル付モニター

○タッチパネル付きのパソコンモニターです。ソフトウェアをタッチ操作でき、既存のシステムに組み込むことが容易です。

○これまで難しいとされてきた静電容量タッチパネルのチューニング含め、技術サポートと共に提供します。

CONTACT WINDOW(連絡先)

タッチパネルのご用命は信頼あるグンゼへ。

西川 西川
(Nishikawa)
阿倍野 阿部野
(Abeno)

■西日本エリア
〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番25号
ハービスOSAKAオフィスタワー21階
TEL:06-7731-5770

立脇 西山
(Nishiyama)
山田 山田
(Yamada)
牧野 牧野
(Makino)
寺岡 寺岡
(Teraoka)

■東日本エリア
〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目10-4
グンゼ日本橋ビル8階
TEL:03-3276-8717

ページの先頭へ