ESCO事業・省エネ診断
ESCOの概要
「省エネ」の効果は、経費の削減のみに留まりません。環境問題がクローズアップされている現代においては、企業の評価をも左右する重要なファクターです。そこで今、注目されているのが「ESCO(エスコ)事業」です。ESCOとは「Energy, Service, Company」の略称で、
既存の環境を損なうことなく省エネ改善を行ない、その結果得られる省エネ効果を保証する事業です。ESCO事業では、省エネ化に必要な「技術」「設備」「資金」のすべてを包括的に提供します。また、契約内容によっては省エネ化に伴う初期投資の必要がないなど、お客様の負担を最小限に抑えることも可能です。当社では、お客様の工場やビル等を省エネルギー診断することにより、最適な省エネ改善のプランをご提案します。海外における省エネ事業支援
(CDM等)も実施しています。

グンゼエンジニアリング ESCO事業の特徴

ユーザーサイドの 省エネ提案 自社工場・ビルでの豊富な
省エネ経験をもとに、常にお客様の視点でご提案します。現場に入り込んだ 省エネ実施生産現場に入り込み最新技術を用いて、改善案の発掘から、調査・工事・検証・アフターとお客様の省エネ業務を強力にバックアップします。最適なシステムを最良の 価格・サービスでご提供 機器メーカーにとらわれず、
省エネトップランナー等の最適機器を最良の価格と安心のサービスでご提供します。

グンゼエンジニアリング ESCO事業のご提案内容

グンゼエンジニアリング ESCO事業の特徴

ESCO事業のコストは、省エネ化で「削減された経費の範囲内」で賄われます。
また、シェアード・セイビング契約の場合は、ESCO事業者の資金によって初期投資が行なわれます。

ESCO事業実施前 光熱費 ESCO事業実施後 お客様の利益 ESCO経費 返済 金利 初期投資 光熱費 ESCO事業実施後 お客様の利益 ESCO経費他 光熱費 保証

※お客様の状況により、ご提案スキームやご契約内容は異なる場合があります。

ご契約形態について

お客様との契約形態は大きく2種類に分かれます。

省エネ投資をESCO事業者等の資金により行ないます。

シェアード・セイビング契約 資金フロー
メリット
  • 効果保証による確実な省エネ。
  • 資金のオフバランス化(ROA向上)。
  • 設備投資の資金調達が不要。

省エネ投資をお客様の自己資金や金融機関とのリース契約等、お客様の自己資金で行ないます。

ギャランティード・セイビング契約 資金フロー
メリット
  • 効果保証による確実な省エネ。
  • 設備が自己資産となる。
このページのトップへ