ESCO事業・省エネ診断
トータルエアの省エネ改善

工場のエアーコスト

下のグラフをご覧ください。一般的な工場における実に30%程度がコンプレッサーによって電力消費されています。
この内、30%は「エアー漏れ」によって、貴重な電力が消費されています。
当社では最新技術を用いて、総合的にエアーロスを削減します。

ESCO事業実施前 ESCO事業実施後 ESCO事業実施後ESCO事業実施前 ESCO事業実施後 ESCO事業実施後

エアーロスが発生する箇所

エアーは、コンプレッサー等の「発生部」から、エアーを現場に導く「伝達部」、現場の「消費部」各部でロスが発生する可能性があります。中でも実際にエアーが消費される現場でいかにロスを抑えるかが、エアーコストを削減する最初の要となります。当社では、豊富な実績を持つ技術者が各現場を詳細に検査し「消費部から発生部へ」とエアーの伝達経路を逆にたどりながら、各部を改善するご提案を致します。

ESCO事業実施前 ESCO事業実施後 ESCO事業実施後ESCO事業実施前 ESCO事業実施後 ESCO事業実施後

エアーロス改善による波及効果

エアーロスを改善することで、下記の効果が期待できます。

改善事例

某自動車部品鍛造工場 コンプレッサー圧力相関グラフ

ESCO事業実施前 ESCO事業実施後 ESCO事業実施後
このページのトップへ