ESCO事業・省エネ診断
ESCOの導入事例 ESCOの導入事例 一覧へ

株式会社ベルクス

施主コメント

当初、ESCO事業の特徴の説明を受け、三社(UFJセントラルリース株式会社・グンゼ開発株式会社・当社)が理にかなった内容であり、また、ISO14001認証取得時という事もあり環境に貢献出来るため、導入に踏み切りました。今までと同じ使用方法でも根本的な省エネ対策によって、大きな省エネ効果があり大変満足しています。そして、社員が[エアー=お金]のコスト意識を再認識する事が出来た事、コンプレッサーの合理化等によりコンプレッサーの稼働率が下がり騒音低減と省エネ以外の効果もありました。

導入のメリット

・工場全体で多数の省エネ改善により従業員の意識が高揚し省エネ活動が活発化した。
・エアー設備のエネルギー使用効率が向上し、また圧力安定化による品質安定化に寄与した。
・改善による省エネルギー効果を測定・検証することで、正確に効果把握ができる。

導入時の問題点とその解決策

エネルギー使用量の内、エアー消費電力がかなりの割合を占めており、しかも無駄が多かった。
そこで、エアー設備の調査と使用電力量を把握し、最適なエアー供給方法を考案。使用設備を改善した。

省エネルギー効果

エネルギー削減量 = 2,342GJ/年(12.6%削減)

対象改修工事に対する割合

ESCO事業導入前 28,225 ESCO事業導入後 25,930 8.1%削減
このページのトップへ