ESCO事業・省エネ診断
ESCOの導入事例 ESCOの導入事例 一覧へ

NTN株式会社岡山製作所

施主コメント

リーマンショック以降、設備投資が慎重になる中ではありましたが「エコ商品を製造する企業は、環境にやさしい企業であるべきだ」というポリシーのもと、設備の初期費用がなく省エネルギー量が保証されるESCO事業を紹介いただき、着手に至りました。
現業部門からは、「職場がこんなに明るくなって、半分の電気代って本当?」との声も聞かれ、地球環境のみならず作業環境の改善も図れたと満足しています。
今後は、省エネ効果の見える化や機器の調整による効果の積み増しを大いに期待しております。

ターボコンプレッサ 井水供給設備

導入のメリット

・高効率大型ターボコンプレッサを導入し、全工場コンプレッサを一括制御する事で圧縮エアを大幅に削減できた。
 また工場間連携が取れる様になり、突然のトラブルでもバックアップが可能となった。
・井水を有効利用し、水道費を大幅に削減出来た。
・冷却水系統・照明設備を改善し、省エネを行った。

導入時の問題点とその解決策

コンプレッサの改善において全工場一括制御を行う為、各工場間のコンプレッサ連携・特に大型ターボコンプレッサとの連携に苦心したが、制御プログラムの追加・調整により安定動作が可能となった。
冷却水ポンプが機器の必要水量より多くの冷却水を送水していた。インバーターを設置することと、計測機による実際の送水量を測定し、流量を調整することで、運転電力の削減が可能となった。

省エネルギー効果

原油換算削減量 = 656kL/年
CO2換算削減量 = 1,444t-co2/年
上水削減量 = 58,867m3/年

対象改修工事に対する割合

ESCO事業導入前 12,669 ESCO事業導入後 11,029 12.9%削減
このページのトップへ