太陽光発電

太陽光発電のしくみ

産業用太陽光発電システムにより発電したエネルギーの全量を、一定のあいだ電力会社へ売電することができます。

系統連系システムの構築

太陽光発電システム導入のメリット

光熱費の削減と新たな収益源の創造

太陽光発電の直接的なメリットは、やはり自社で電気を生み出すことで、消費電力量を減らせること。
結果、光熱費をぐんと抑えることができます。また発電した電気は、使用するだけでなく、
電力会社に売電することもできますから、太陽光発電を新たな収益源とすることも可能です。

遮断効果による空調負荷、コストの低減

空調の負荷軽減も可能です。太陽光発電のための太陽光パネルは通常、日照量の多い屋根に設置します。
これにより建物への直射日光が遮られ、屋内の気温上昇を抑制します。結果、とくに夏期など空調の必要性が高くなる時期に
空調の負荷を低減できます。また空調の負荷を低減することにより、CO2排出削減や省エネルギーはもちろん、
光熱費抑制効果も期待できます。

電力不足対策として、社会的貢献を果たす

東日本大震災以降の全国的な電力不足は、現在の日本が直面している大きな社会的課題です。
すべての企業・個人に協力がもとめられるなか、太陽光発電により一企業として、日本の電力不足に、直接的な社会的貢献を
果たすことができます。売電による収益だけでなく、社会に貢献するという事実も、かけがえのないメリットではないでしょうか。

お問い合わせ

このページのトップへ