ラミネート製品
熱収縮フィルム製品
OPS高収縮ラベル
開発商品
国内
海外
事業紹介
グンゼ包装システム株式会社 明日をもっと、ここちよく
会社概要
事業紹介 製品紹介 会社概要 工場・営業所 グループ会社概要 お問合せ トップ

グンゼ包装システム株式会社


会社概要

 社名 グンゼ包装システム株式会社
 設立 1973年10月1日
 本社 〒553-0003
大阪市福島区福島5-5-1 グンゼビル2階
 営業統括部
 (西日本)
〒553-0003
大阪市福島区福島5-5-1 グンゼビル2階
 営業統括部
 (東日本)
〒103ー0027
東京都中央区日本橋2丁目10番4号 グンゼ日本橋ビル9階
 守山工場 〒524ー0063
滋賀県守山市欲賀町503番地
 資本金 3億1千万円(授権資本4億4千万円)
 従業員数 170名
 代表者 代表取締役 岡 高広
 営業内容 1.プラスチック製品の加工及び販売
2.紙製品の加工及び販売
3.包装機械の販売
4.前各号に付帯する一切の業務

ページトップへ



会社沿革

1973年10月 1日 グンゼ株式会社プラスチック事業部の生産するプラスチックフィルムの加工及びフィルム販売の代理店業務を併せて行うため、富士精版印刷株式会社の出資により「富士グラビア株式会社」が設立された。(資本金1,000万円)
1974年 4月22日 富士精版印刷株式会社からグンゼ株式会社に株式譲渡
(グンゼの100%子会社となる)
1974年 9月10日 商号を「グンゼ包装システム株式会社」に変更する。
1975年10月 1日 東京支店を設置する。(現営業統括部東日本)
1985年 4月 6日 本社所在地を大阪市福島区から淀川区に移転する。
1986年 2月15日 守山工場内にドライラミネート工場を増設する。
1989月 3月20日 守山工場内にGTL工場を増設する。
1990年10月 2日 九州営業所を設置する。
1999年 3月30日 守山工場内に新印刷工場を建設し、10色印刷機を設置する。
1999年12月 2日 軟包装衛生協議会の認定工場資格を取得する。
2000年 4月 4日 資本金を3億1,000万円に増資する。
2001年 4月 6日 ISO14001の認証を取得する。
2006年 6月15日 守山工場内に11色印刷機を増設する。
2009年 5月 1日 ISO9001の認証を取得する。
2011年 6月30日 九州営業所を廃止する。
2014年 2月10日 本社所在地を大阪市淀川区から現在地に移転する。

ページトップへ



生産体制
お客様のご要望に応え、高品質の印刷加工品をタイムリーにお届けします。

グンゼ包装システム当社の印刷工程は、インライン欠点検出システムと印刷モニターシステムの連結により、リアルタイムの品質チェックと是正処置が可能です。
これらの優れた印刷システムに加え、独自の技術と経験を活かした加工機の開発など、充実した生産体制でお客様のニーズにお応えします。

地球環境にやさしい企業活動と、安全衛生に優れた生産システム。

グンゼ包装システム当工場は軟包装衛生協議会の認定を受け、優れた衛生管理のもと、飲料や食品パッケージ等の印刷及び加工を行っております。
また、地球環境との調和を目指した環境マネジメントシステムの構築を推進し、ISO14001の認証を取得しました。
軟包装衛生協議会認定工場(1999年12月2日認定)
ISO14001認証取得(2001年4月6日取得)

多色機ならではの、ハイクオリテイな色彩と付加価値を創造する、多色グラビア印刷機。

幅広い表現力と再現性を追究すると共に、印刷品の隠蔽力やラベルの機能性をアップする為、高性能の多色グラビア印刷機を導入しております。

再現性 リピート受注時に、初回の印刷条件が自動的に設定できるため、品質にバラツキがありません。
隠蔽力 白の二度刷りなどによって、内容物の色のラベルへの映りをなくすことで、商品に高級感をだします。
ラベルの
機能性
オーバーコート(滑性を良くし、傷・破れを防止)、インナーコート(滑性を良くし、ボトルに装着時のトラブル防止)等です。
日本全国を網羅

・国内グループ全体の主な生産設備

11色グラビア印刷機
10色グラビア印刷機
9色グラビア印刷機
8色グラビア印刷機
7色グラビア印刷機
ドライラミネート機
スリット機
1台
1台
1台
1台
1台
1台
1台
8台
センターシール機

ページトップへ