ラミネート製品
熱収縮フィルム製品
OPS高収縮ラベル
開発商品
国内
海外
事業紹介
グンゼ包装システム株式会社 明日をもっと、ここちよく
製品紹介 開発商品
事業紹介 製品紹介 会社概要 工場・営業所 グループ会社概要 お問合せ トップ

OPS高収縮ラベルの御紹介


採用事例
採用事例

提案事例
高収縮OPSを利用し従来のOPPオーバーラップフィルムからのシュリンクラベルへの切替ご提案をさせていただきます。

提案内容
既存のソフトボトル入りケチャップ・マヨネーズ・ソース等の調味料は、OPPのオーバーラップ包装で包装されています。
これを、高収縮OPSを利用したシュリンクラベル化することにより、以下に御紹介するメリットの有る包装形態にすることが可能です。

※写真Aは見本用シュリンクラベルであり、シワ・収縮ムラが所々発生していますが高収縮OPSでは問題なく仕上がります。
フィルムの仕上がりにつきましては、写真Bの高収縮OPS格子印刷見本現物を御確認ください。
写真B
メリット
●OPPオーバーラップよりも、美麗化、高級化しユーザーへのPR効果が得られます。
PR性バツグン!店頭での商品の差別化が可能です。商品が倒れにくく、袋のようにエアが無いので陳列がしやすくなります。毎日見るラベルにより、リピート購買に結びつきやすくなります。
●キャップの部分のみ取り去り、ラベル部分が残りますので、消費者にやさしい商品に変身します。
賞味期限、使用方法、栄養成分表示などの表示が残ります。冷蔵庫の中ですぐ見分けがつきます。(ソース類は格段に増えています!)食卓の上でもオシャレなボトルです。立たせやすく、使いかけでも綺麗な状態です。(中身の残量は小窓より確認出来ます。)
●ミシン目開封性の良いPSフィルムであり、従来のPETフィルムよりも良好な開封性が得られます。
バリアフリー時代に対応した良好な開封性が得られます。
注意点
シュリンクラベル設備が必要となります。装着機(手装着の場合は不要)+収縮トンネルが必要です。
既存の設備をご利用頂く場合も、調整等が必要な場合があります。
設備・調整につきましても弊社に御相談ください。

ページトップへ