GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

情報開示に関するポリシー

1.情報開示の基本方針

  • グンゼは、『グンゼ行動規範』に基づき、企業が果たすべき社会的責任(CSR)活動に積極的に取り組むとともに、社会にとって必要とされる企業、社会とともに持続発展する企業であり続けるために、株主・投資家の皆さまをはじめとするすべてのステークホルダーに対して適時適切に情報を開示します。
  • 東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)等に従い、適時適切な情報開示を行います。
  • また適時開示規則には該当しないが、投資家の皆さまに当社を理解いただくために有効であると判断した情報(以下「積極開示情報」)についても、適時開示に準じて積極的に情報を開示します。

2.情報開示の方法

  • グンゼは、会社法、金融商品取引法、各種法令および証券取引所の定める規則を順守するとともに、適時開示規則に該当する情報(積極開示情報を含む)を東京証券取引所の提供するTDnetで適時適切に開示します。なお、TDnet で公開した情報はできる限り速やかに当社ホームページにも掲載します。
  • またその他の情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ適切な方法(記者発表、説明会、印刷物等)によりできるだけ公平に開示します。

3.情報開示の社内体制

  • グンゼにおける会社情報の開示は、社内で定める「情報開示規程」に則り、適時適正な管理と厳格な統制を図るため「情報取扱責任者」が一元的管理を行っています。情報取扱責任者は開示すべき情報の適切性を判断し、直ちに「情報開示担当者」に開示指示を行い、情報開示担当者は適時適切な開示処理を行います。

4.将来の見通しに関しての断り

  • グンゼは、適時開示情報による「業績予想」以外に、市場環境に対する見方、今後の事業計画、戦略等を当社ホームページの「株主・投資家情報」の中で提供してまいります。これらの情報は、その時点において入手可能な情報に基づいて当社が独自に判断したものであり、実際の業績や成果は様々な要因(外部・内部)の変化によって見通しと大きく異なる場合があります。これらを当社が保証するものではありません。

5.沈黙期間

  • グンゼは、決算に関する情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公正性を確保するため、各四半期の決算日の翌日から公表日までを沈黙期間とさせていただき、決算に関する情報についてのコメントや問い合わせへの回答は差し控えることとしております。
  • ただし、既公表の業績予想が大きく変動する見込が出た場合には、「適時開示規則」に則り、適切に開示します。

(最終更新日:2016年11月28日)