印刷周辺機器

スタッカーバンドラー/横型スタッカーバンドラー

消費電力40%DOWN 紙揃え、操作性、安定にさらに磨きをかけました

特長

安全性と操作性を両立したカバーリング

安全性と操作性を両立したカバーリング

操作するオペレーターの安全を第一に考え、小束部に開閉カバーを取付け、安全性を確保しつつも操作性を損なわないカバーリングを採用しました。

ユーザーフレンドリーなタッチパネル

ユーザーフレンドリーなタッチパネル

タッチパネル画面が見やすい構成で、楽に操作できます。異常診断機能を搭載している事により、不具合を起こしている原因箇所を瞬時に確認できます。

省エネ機構採用の新設計

省エネ機構採用の新設計

オフ輪停止中は、コンベヤ・スタバン本体のさばき用エアー・バイブレーターを一旦停止させます。折帳が供給されると自動的にスタートします。※消費電力40%削減(当社NY型比)

オフ輪との同期による安定した紙流れ

オフ輪との同期による安定した紙流れ

折帳コンベヤは、オフ輪スピードに同調します。これにより、紙流れがより安定し、紙揃えの安定化と荷姿の向上を図っています。

当紙の安定供給

当紙の安定供給

当紙マガジンに集積された当紙を上から取り出し、水平に引き出す事で、当紙を傷めずに安定供給出来る様になりました。

実際の動きを映像で見る

仕様

型式 SB-54B-11-(J)MQZ SB-54B-13-(J)MQZ
小束処理能力(最大) B5:11束毎分、B4:11束毎分 B5:13束毎分、B4:11束毎分
紙幅 625~880mm
小束自由高さ MAX 240mm
対象オフ輪 B縦四裁/半裁/全判
大束自由高さ 100~540mm
結束仕様 1本掛、2本掛
空気消費量 550NLx2台=1100L/min(ANR)
電源 三相 AC200V±10% 50/60Hz
電源容量 3.1kVA x 2台 = 6.2kVA 3.4kVA x 2台 = 6.8kVA
外形寸法 (LxWxH) 4950 x 960 x 2889mm
機械重量 約2350kg x 2台 = 4700kg

オプション

大束ベルト排出仕様

大束ベルト排出仕様

結束機テーブルのベルト搬送により大束を無結束で排出が可能になります。

抜き取り補正スイッチ

抜き取り補正スイッチ

スイッチを1回押すと、オフ輪からの部数カウンターを“1部”減算します。検紙による部数不足を防ぎます。

レーザーカウンター

レーザーカウンター

折帳のラップを上(又は下)からレーザーで変位を計測します。オフ輪信号より正確な員数が可能になります。

ヤレ排出コンベヤ

ヤレ排出コンベヤ

リジェクトで排出した損紙をヤレカゴまで搬送する為の傾斜コンベヤ。正・損分離排紙のオートリジェクト採用時に有効です。

補助プレスローラー

補助プレスローラー

コンベヤ上で折帳の袋部を潰すことで、紙揃えが良くなり、大束荷姿が向上します。

リールスタンド

リールスタンド

PPバンドの色替え時にスタバン本体のカセットリールの脱着作業が不要になります。本装置は逆勝手仕様も可能です。
連結(背合わせ及び段積み)が可能で、最大6色まで増やすことが出来ます。キャスター付きで移動が可能です。

店名札供給装置

店名札供給装置

「当紙上下」に「店名札」を自動で供給します。
オペレーターによる手差しが不要になり、ロボット導入時の無人化が可能です。
新方式の取り出し方法で上質紙も安定供給します。