-

沿革

なぜ、グンゼが医療機器なのか

 繊維素材の新分野への応用を検討していたグンゼ研究所繊維研究室は、1980年、京都大学医用高分子研究センターが新しい医療材料の産学協同での開発を模索していることを知りました。医療材料がフィルムよりも編成品の方が適していることから、特に円筒状の編み上げ技術に長けたグンゼに期待が寄せられ、1983年、京都大学医用高分子研究センターを核とする研究会を発足しました。
 最初の開発目標は、生体吸収性縫合糸。
 当時日本の手術糸は絹やポリエステルが大勢を占め、体内で縫合すると吸収されずそのまま残っているのが当たり前でした。しかし、アメリカではその10年あまり前から吸収性縫合糸が販売されており、1983年までに使用される縫合糸のうち5割が吸収性になっていました。こうした成長性を見込んで、研究会では1984年に生体吸収性ポリマーによる医療器材の研究開発を開始したのです。
 開発研究2年を経て、1986年、損傷部位が回復した後に、体内で分解吸収される手術用吸収性縫合糸の事業化に日本で初めて成功しました。この間、1985年に研究所にメディカル開発室が設置されたのが、メディカル事業部の始まりです。

1985
研究所メディカル開発室設立
1986
PGA縫合糸試験販売開始
1988
開発事業部メディカル材料センターへ組織変更
1992
縫合補強材(シートタイプ)販売開始
1994
同(チューブタイプ)販売開始
PGA縫合糸海外販売開始
1995
骨接合材販売開始
1996
人工真皮販売開始
1997
モノフィラ縫合糸販売開始
1998
新工場竣工、移転
2000
営業開発課 (東京)設置
2003
骨接合材中国販売開始
縫合補強材欧州販売開始
ISO9002,ISO13488認証取得
2005
人工硬膜欧州販売開始
第1世代自己血糖測定器販売開始
ISO13485:2003認証取得
2006
医療用ストッキング販売開始
2007
中国駐在員事務所(深圳)設置
2008
人工硬膜販売開始
2009
郡是(上海)商貿有限公司 深圳分公司設立
2010
事業部昇格、欧州駐在員派遣(デュッセルドルフ)
2011
郡是医療器材(深圳)有限公司設立
2012
第2世代自己血糖測定器販売開始
   
      
-
PAGE TOP