GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

職種・社員紹介

main.jpg

現在の仕事内容を教えてください。

私が勤めている宮津工場(京都府)では、主に紳士肌着を生産しています。そのなかで糸から生地を編む編織課が私の職場です。入社以来、編機と格闘する日々を過ごしています。具体的には、シーズン毎に切り替わる編機の調整や、新素材の開発に携っています。その他にも品質向上やコストダウンなどの現場改善に取り組んでいます。

仕事をする上で最も大切だと考えていることは何ですか?
また、心がけていることはありますか?

基本的なことですが、納期を守ること、集合時間に遅れないことなど、"時間"は常に意識し効率的に使うことを心がけています。また、趣味で得た知識を仕事に生かせることもあるので、自分の時間もしっかり取れるように"時間"は常に意識しています。

どのような時に仕事のやりがいを感じますか?

難易度の高い新素材の立ち上げを任され、初めて調整する編機に戸惑いながらも、先輩のフォロー、アドバイスをもらいながら取り組みました。調整した編機から傷のないあたたかい生地が編み上がって出てきた時は、自分で作り上げた初めての生地だと実感し、やりがいを感じました。

仕事上での目標や課題、夢を教えて下さい。

新素材の開発には、市場のニーズ、繊維の性質や特徴、コスト、編機などの設備、染色性、加工性、縫製性などたくさんのファクターが複雑に入り混じり、多角的な知識や技術が必要とされます。いい素材とは?いい肌着とは?とても難しいことですが、やりがいのある仕事だと思います。広い視野と好奇心を持って取り組んでいきたいと思います。個人的には綿素材が好きなので、いずれは綿素材の可能性を追求してみたいと思っています。

portrate~写真で知るグンゼ社員~

写真で知るグンゼ社員01

1日のスケジュール

06:00

起床

08:00

出社

08:30

編機調整

オーダー切替、オーバーホール、試験編み等

12:00

昼休憩

食堂で昼食

13:00

ミーティング

作業進捗確認

13:30

編機調整

17:30
退社

就職活動期を振り返って

どのようにしてグンゼのことを知りましたか?
父がYGの肌着を愛用していたので、子供のころから知っていました。
入社を希望した理由は何ですか?
中学生の頃からファッションに興味を持ち、漠然とファッションに関わる仕事をしたいと考えていました。グンゼは商品の企画から生産までを行っているので、ファッションに幅広く関わることができるのではないかと思い、入社を希望しました。
入社後、入社前の印象とのギャップはありましたか?グンゼとはどんな会社だと感じていますか?
入社する以前は、肌着以外の事業についてはよく知りませんでした。他事業部も肌着同様に外から見えるような派手な仕事ではありませんが、無いと困る"縁の下の力持ち"な会社だと感じています。
どんな学生時代を送っていましたか?
自由な校風だったので、毎日オシャレをして学校へ行くのが楽しみでした。
学生時代にこれだけはしておけば良かったなと思うことは何ですか?
"ことば"は、公私を問わず非常に重要で難しいと感じています。読書や日本語も含めた語学は、学生時代にもっと積極的にやっておくべきだったと思っています。

プライベートについて

休日はどのように過ごしていますか?
大自然に囲まれた宮津工場、海も川も池もあり、釣りが趣味の私は休日も忙しく過ごしています(仕事の日より早起きもしばしば)。また、運動不足にならないように始めたサイクリングで、海辺を走るのはとても気持ちが良いです。冬はアウトドアは控えめに、読書などインドアで過ごすことが多いです。
プライベートでの今後の目標や夢を教えて下さい。
海外の小説を原文で読めるようになりたいと思っています。特にドストエフスキーをロシア語で読みたいです。

最後に

グンゼをひとことで表わすと?
歴史
学生にアドバイス
広い視野をもって、興味があること、面白そうだなと思うことはトライしてみてください。役に立つとか立たないとか、高いとか安いとか、そういうことではなく、ビビッ!とくる直感を大切にして欲しいです。物事の最先端は直感的であると思います。

portrate~写真で知るグンゼ社員~

  • 写真で知るグンゼ社員02

職種・社員紹介一覧へ戻る