GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

職種・社員紹介

main.jpg

現在の仕事内容を教えてください。

入社して約3年半はアパレル事業部の営業をしていましたが、今では全く別の事業部で営業の仕事をしています。現在は同じ営業職でも、コンバーター営業として、パッケージ印刷された「シュリンクフィルム」を販売をしています。この「シュリンクフィルム」とは、熱で縮む包装資材で、飲料や食品のラベルに使用されています。飲料や食品メーカー等の購買担当者、商品開発担当者、技術担当者を訪問し、フィルムの提案や情報交換を行い、売上の拡販をしています。

仕事をする上で最も大切だと考えていることは何ですか?
また、心がけていることはありますか?

最も大切にしていることは、お客さまの立場に立って考えることです。ご提案する際に、その提案がお客さまにとって本当に有意義なものになっているかどうか確認することを心掛けています。

どのような時に仕事のやりがいを感じますか?

当時、お客さまの求めるものが当社にはなく、またそれは世の中であまり技術確立されていないものでした。それを実現させるために自らが主体となり、積極的に周りに働きかけたことです。新しい取り組み案件については思い通りに仕事を進めることが出来ないことが多いのですが、周りのサポートを受けつつ、一つひとつ課題を解決していくことにやりがいを感じています。この感覚は難解な数式問題が解けたときの感覚と少し似ているのかなと感じました。

仕事上での目標や課題、夢を教えて下さい。

今後の目標として、国内でのアパレルおよびプラスチックフィルムの営業経験を活かし、海外販売経路の開拓に貢献したいと考えています。グンゼというブランドを世界の方々に愛用されるブランドにし、また世界のトップブランドにしたいと考えています。語学力を身につけ、この夢を叶えたいと思います。

portrate~写真で知るグンゼ社員~

写真で知るグンゼ社員01

1日のスケジュール

06:30

起床

08:30

出社

09:00

メールチェック

顧客からのメール確認

10:00

展示会訪問

包装パッケージの展示会を訪問し、業界動向を確認

12:00

昼食

13:00

デスクワーク

抱えている案件の進捗状況の確認および訪問準備

16:30

顧客訪問

新商品のパッケージデザイン打ち合わせ

18:30
退社

就職活動期を振り返って

どのようにしてグンゼのことを知りましたか?
学生時代から「BODYWILD」を愛用していたこともあって、グンゼのことは入社以前より知っておりました。
入社を希望した理由は何ですか?
入社を希望した一番の理由は、自分が愛用していた『BODYWILD』をもっと多くの方に広めたいと思ったからです。学生時代、ボクサーパンツを履いている人は周りでは少なく、トランクス派が多かった気がします。この大好きなボクサーパンツを売る立場に立ちたいと思い、入社を希望しました。また創業の精神にある「人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる」という精神に感銘をを受けたことも理由の一つです。
入社後、入社前の印象とのギャップはありましたか?グンゼとはどんな会社だと感じていますか?
グンゼといえば肌着のイメージが強かったのですが、アパレル事業以外にも多岐にわたって事業を展開している会社だということをあらためて認識しました。また伝統を重んじつつも、革新的な試みを大切にする会社だと感じています。
どんな学生時代を送っていましたか?
学生時代前半(1・2回生)は自らサークルを立ち上げ、活動に打ち込んでいましたが、学生時代後半(3・4回生)は学業に励みました。
学生時代にこれだけはしておけば良かったなと思うことは何ですか?
海外旅行です。社会人になるとなかなか長期の休暇が取れないことが多いので、行っておけばよかったと思います。

プライベートについて

休日はどのように過ごしていますか?
旅行に行くことが多いです。普段の休日では愛用のバイクでツーリングを楽しんでいます。また長期休暇になると海外旅行に行き、世界遺産巡りをしています。
プライベートでの今後の目標や夢を教えて下さい。
世界一周旅行がしたいです。また、バイクで日本一周もしたいです。

最後に

グンゼをひとことで表わすと?
古き良き企業
学生にアドバイス
就活するにあたって、希望する業界の本を読んだり、WEBなどで情報収集することも多いと思います。その情報が本当に正しいものか迷った時には、身近な先輩方に相談しアドバイスをもらいましょう。

portrate~写真で知るグンゼ社員~

  • 写真で知るグンゼ社員02

  • 写真で知るグンゼ社員02

職種・社員紹介一覧へ戻る