GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

環境戦略

執行役員 技術開発部部長 奥田 智久執行役員 技術開発部部長 奥田 智久
執行役員 技術開発部部長
奥田 智久

グンゼグループは、かけがえのない地球を次世代、未来へと受け継いでいく責任を深く自覚し、真に豊かで持続的発展が可能な地球社会を実現するために、一企業市民として環境問題に積極的に取り組み、環境への負荷軽減に努めています。
創業の精神である「共存共栄」に基づき、環境に優れた製品・サービスの提供を通じて、恵み豊かな地球社会の発展に貢献し、グンゼ環境憲章の行動指針に加え、今後はサステナブル経営とリンクする項目にフォーカスしてまいります。

温室効果ガス排出の抑制
(CO₂排出量の削減)

CO₂排出量削減のロードマップCO₂排出量削減のロードマップ

※次年度よりスタートする次期中期経営計画にて新たに目標を設定する

温室効果ガスの削減に向け、環境省から2030年度に2013年度比-26.0%(約10億4,200万t-CO₂)という目標が設定されています。
グンゼグループはこの目標を達成するために技術的制約やコスト面の課題に対し、さまざまな施策や技術を積み上げ、削減を進めます。

CO₂削減施策

グンゼグループは、排出量削減について以下の施策を実施してまいります。

省エネ活動省エネ設備への改修などにより、エネルギー使用量を削減

低CO₂排出エネルギーへの転換
CO₂排出量の多いA重油から都市ガスやLPG、LNGなどのCO₂排出が少ないエネルギーにシフトチェンジしています。さらに今後はガス化⇒電化への方向も検討しています。
ユーティリティー設備の高効率化への移行
ボイラー・空調機などのユーティリティー設備を高効率化することで、CO₂の排出削減を進めます。
照明関連の省エネ化(LED化)
LED照明への切り替えを行っています。消費電力の少ない機器を使用することでCO₂排出を抑える取り組みです。
新規構築物の高断熱化、高気密化による省エネ化
建屋全体が密閉・保温された空間になり、冷暖房の効率が上がってエネルギー消費が少なくなるため、光熱費が抑えられCO₂の排出も削減できます。
全工場へのFEMS(工場エネルギー管理システム)導入によるエネルギー可視化
IoTを活用したエネルギー使用状況の「可視化」 ~「分析」により、「無駄なエネルギー使用」を改善し、エネルギーコストダウン、CO₂削減を進めます。
IOTIOT

創エネ活動太陽光など再エネ電源を構築し、自家消費による電力使用量の削減

太陽光エネルギー活用の拡大と蓄電技術の導入により 創エネ活動の推進、拡大。
福島プラスチックス、江南工場、宇都宮物流センターの3事業所で実施済。2024年には守山工場に設置予定。
守山新工場守山新工場

再エネ活動CO₂フリーメニュー※の活用

発電時にCO₂を排出しない再生可能エネルギー電源(CO₂係数ゼロ)の使用を推進。
※CO₂フリーメニュー:電力会社がCO₂を発生させない電気を販売するメニューのこと。

環境負荷を低減する技術開発(繊維加工における環境配慮型染色技術の取り組み)

肌着、ストッキング、ミシン糸の原料となる繊維の染色加工において、着色や風合いの付与のため、多量の水やエネルギー(電力・燃料)を消費しています。
新しい染色技術の確立により、洗浄温度の低減と使用水の量を大幅に削減し、環境に配慮してまいります。

ISO14001取得状況
環境管理の仕組みを整備・充実させ、継続的に改善を進めるため、国際認証規格ISO14001に適合した環境マネジメントシステムを構築し活動しています。2021年3月末時点で、グンゼグループの24事業所が環境マネジメントシステムの外部認証を取得しています。

当ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上およびサービスの品質維持・向上を目的として、クッキーを利用しています。
お客様のブラウザの設定によりクッキーの機能を無効にすることも出来ます。詳細はプライバシー・ポリシーをご覧ください。