GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

CSV経営の実践に向けた
2021年度の目標

グンゼグループでは、2018年にグンゼのマテリアリティ(CSR重要課題)に基づきCSR委員会において具体的な実行計画を策定しました。
そして、構成員の具体的な行動を促すために、SDGsとの関連付けによるアウトサイドインの考え方を全員で共有し、中長期的な視野でCSVの実践に取り組んでまいります。

7つの中核主題に対するマッピング

社会課題とCSV目標の関連性を示すために国際ガイドラインであるISO26000の社会的責任に対する7つの中核主題に対してもマッピングを行っています。

マテリアリティ ESG(ISO26000
7つの中核課題)
グンゼの主なCSV目標 2021年度の
KPI
1. QOLの向上への貢献
すべての人に健康と福祉を S(消費者課題)
  • 付加価値の高い医療機器開発
  • ストレスフリー差異化アパレル商品開発
    (完全無縫製、カットオフなど)
  • スポーツカテゴリー衣料の拡大
  • 未病ビジネスへの取り組み
    (介護予防ほか)
  • ECビジネスの拡大
    (買いまわりの利便性を向上)
QOL貢献製品売上
2. 緑豊かな環境づくりと環境問題対応
産業と技術革新の基盤をつくろう E(環境)
  • 地球温暖化対策
  • 廃棄物削減
  • 環境関連ビジネスの拡大
  • 環境に配慮した原材料・資材活用
    (オーガニックコットン、リサイクル材料ほか)
CO₂排出量:
23%削減
(2013年BM比)
廃棄物総排出量:12%削減
(2012年BM比)
環境配慮型製品売上
3. 職場環境改善・働き方改革
働きがいも経済成長も S(労働慣行)
  • 従業員・家族の健康増進
  • 経済産業省・健康経営優良法人
    (ホワイト500)認定獲得
  • 新型コロナウイルス対応
    (アフターコロナ含む)
    (テレワーク対応、ウェブ会議推進、サプライチェーン見直し)
  • ワークライフバランスの推進
    (有給休暇取得推進、柔軟な勤務制度)
  • グループウエア刷新による業務改革
    (業務の属人化防止)
有給休暇取得日数:14日/年
総合職女性比率:13%
S(人権)
  • 人権啓発の推進・ダイバーシティ向上
    (障がい者雇用と支援体制)
  • 女性活躍推進
4. より良いコミュニティ・社会づくり
住み続けられるまちづくりを S(コミュニティ
への参画・
発展)
  • 地域行政施策との連携強化・地方創生  活動の実施
  • 地域社会の健康促進参画
  • 地域社会へ開かれた会社
    (工場見学、イベント、祭りなど)
  • 地域包括連携協定の推進
    (大阪府・京都府・大阪市)
  • グンゼラブアース倶楽部の推進
  • 文化・スポーツ振興プロジェクトの
    推進
御堂筋の環境保全
こども用肌着の提供
肌着教室の推進:10回/年
スポーツ振興イベントや講師派遣
5. プラスチック資源循環戦略の推進
つくる責任つかう責任 S(消費者課題)
  • フードロスの削減
    (包装フィルム)
冷凍耐ピンホールフィルム拡販
バイオマスプラスチック製品開発
E(環境)
  • 石油由来から自然由来素材への転換
  • サーキュラーファクトリー構築
    (エネルギー使用量、廃プラ削減)
その他. グンゼを支える基礎
G(組織統治) リスクマネジメント委員会、サステナビリティ委員会の開催

IR対応数:300名/年

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンでの活動推進
S(公正な
事業慣行)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で中期経営計画「CAN 20」の最終年度を2021年度に期間延長したため、CSV経営の
KPI目標も2021年度に延長します。