1. TOP
  2. 会社情報
  3. 工場長挨拶

工場長挨拶

九州グンゼ株式会社 代表取締役/工場長 深井 武司

ここちよいライフスタイルや社会をともにつくる
グッドパートナーをめざして。

九州グンゼ株式会社は、1970年にグンゼグループの一員として誕生し、創立47年目を迎えました。
拠点となる宮崎工場は、グンゼグループで国内唯一、レッグウェア(ストッキング・靴下)を一貫生産できる国内のマザー工場です。
商品の企画開発から生産までのプロセスを、確かな技術力と創造力、そして徹底した品質管理で、高付加価値にこだわるモノづくりに励み、グンゼグループの発展に尽力しています。

“ここちよいライフスタイルを提案し、ここちよい明日を創出するために”。

最旬のレッグトレンドを取り入れた「Tuché」や、ロングセラーアイテム「SABRINA」など、グンゼグループが手がけるレッグウェアの主要ブランドの生産を担う拠点として、常に、九州グンゼ株式会社はスタッフ一丸となり、デザイン、品質、機能性、すべての面において満足いただける、魅力的な商品づくりを追求しています。

また、九州グンゼ株式会社は、地域社会とそこに根づく文化や自然環境を大切に考えております。
社会の一員として、地域文化や自然環境のすばらしさを守り、未来へ受け継ぐことで、地域社会から信頼、支持される誠実な企業であるよう、これからも努めていきます。

平成29年2月
代表取締役
深井 武司

創業の精神 人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる創業の精神 人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる