GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

中期経営計画

中期経営計画「 CAN 20 」概要

2014年5月13日 発表グンゼ株式会社は、2020年度までの7ヵ年の中期経営計画「CAN 20」を策定し、「CAN 20」計画では、「集中と結集」をキーコンセプトとして、計画期間を第1フェーズ(2014年度~2016年度)と第2フェーズ(2017年度~2020年度)に分け、グループ経営ビジョンの実現に向け取り組みを進めています。

コンセプト

集中と結集 (Focus & Concentration)

推進期間

2014年度(119期)~2020年度(125期)
第1フェーズ 2014年度~2016年度の3ヵ年
第2フェーズ 2017年度~2020年度の4ヵ年

グループ経営ビジョン(2020年のありたい姿)

経営ビジョン
グンゼが持つ強みを更に強化し、グンゼしかできない「ここちよさ」をお客さまに提供するグローバル企業として社会に貢献する。
経営目標
人々のクオリティ オブ ライフ(QOL)の向上に貢献する健康・医療関連分野を成長の核とするとともに、集中と結集によりそれぞれの分野で業界オンリーワンの地位を確立する。

2020年度 売上高イメージ

2020年度 売上高イメージ

図を大きいサイズで見る

基本戦略

1.ポートフォリオ戦略 -SBU戦略による選択と集中-

  • 各事業部門を戦略的ビジネスユニット(SBU)に区分
  • 各SBUを市場の魅力度・コアコンピタンスの強さを軸に評価し、戦略投資区分(5区分)に分類

1.ポートフォリオ戦略 -SBU戦略による選択と集中-

図を大きいサイズで見る

2.CFA(クロスファンクショナルアプローチ)プロジェクト -新規事業戦略-

既存技術や設備を活用し新規事業を効率的に創出

健康・医療事業拡大
「ナイチンゲールプロ」

メディカル事業を中心に健康・医療
および関連事業を拡大

  • アパレル技術のメディカル衣料への拡大
  • 機能素材の医療用途の開拓
QOL研究所設立(2014年4月)
QOL貢献に向けた研究および市場開発を行う
※QOL : Quality Of Life

2020年度売上目標: 50億円

新規事業の創造
「エジソンプロ」

各部門の保有技術をミックスし、
顧客ニーズを解決するビジネスを創造

  • マーケティング体制の整備
    (社外ニーズ収集体制の整備)
  • ナレッジマネジメントの構築
    (社内ナレッジ体制)
  • 事業化推進機能強化

2020年度売上目標: 50億円

3.経営基盤強化 -機能戦略-

コア技術
強化
  • 技術ドメインに明確化
  • 知的財産戦略強化
  • プロフェッショナル人財育成
  • リソース集中
  • 現在の事業領域での競争力強化
グローバル
対応
  • 現地マネジメントの確立
    (中国事業統括会社設立)
  • 企業理念の継承
  • グローバル人財育成
  • リスクマネジメント強化
  • 経営の現地化
  • リスクマネジメント体制の確立
無形資産
強化
  • コーポレートブランド価値の向上
  • 若年層のブランド認知・好感度の向上
  • 職場風土改革
  • 従業員満足度向上への取組み
  • ダイバーシティ推進
  • 女性活用推進(女性管理者増加 2016年12名)
固定費
削減
  • 間接業務の効率化
  • 業務の標準化による集約推進
  • 資産効率の向上
  • 遊休不動産の活用
  • 本社、営業部門のオフィス統合効果
  • 2014年以降1.4億円/年削減

第1フェーズ 計画

連結業績 実績と目標

 

2013年度

(実績)

2014年度

(実績)

2016年度

(目標)

売上高

1,424億円 1,411億円 1,550億円
営業利益 43億円 30億円 65億円
経常利益 50億円 49億円 64億円
当期純利益 25億円 32億円 38億円
営業利益率 3.0% 2.2% 4.2%
経常利益率 3.5% 3.5% 4.1%
当期純利益率 1.8% 2.3% 2.5%

セグメント別計画

セグメント別計画

図を大きいサイズで見る

財務戦略

資産効率

  2013年度実績 2016年度計画 対13年差
資産額 回転率 資産額 回転率 資産額 回転率
総資産 1,665億円 0.86回 1,700億円 0.91回 35億円 0.05回
棚卸資産 326億円 4.37回 307億円 5.05回 △19億円 0.68回

資金調達

安定的資金ポートフォリオの構築
長期資金ウエイト「50%程度」を確保

資金管理

海外
人民元・US$ プーリングの運用拡大と資金効率改善
国内
本社集中資金管理(CMS)による効率化

資金政策

配当性向
50%程度を目安(一株配当金は7.5円以上)
機動的な自己株式取得による資産効率の向上
自己資本比率の維持(60%以上~70%)

詳しくは下記をご覧ください。

中期経営計画「 CAN 20 」(PDF:545KB)