GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

研究開発方針

グンゼの研究開発方針

グンゼの研究開発方針

グンゼは創業以来、加工技術を中心とした技術展開を行ってきました。現在は3つの加工技術をコア技術とし、それぞれの成長分野を中心に、さらなる技術開発を推進しています。
当社の研究開発の大きな特徴は、分野や研究室という枠組みを超えたフレキシブルな体制にあります。これにより技術間の相互応用や技術融合が促進され、これまでにも数々のイノベーションを創出してきました。
また、技術の深化・融合を図るだけでなく、各事業部門のビジョンに基づいた研究開発を行い、社会のニーズの一歩先を見据えた価値を提供することで、新たな顧客の創造を目指しています。

研究開発の指針
  • 成長分野の技術開発
  • 保有技術リソースの融合による新規事業の創出
  • 事業ビジョンに基づく商品・生産技術の開発

グンゼの研究開発分野

グンゼは、繊維加工技術、樹脂加工技術、表面加工技術といった3つの加工に関するコア技術を主軸として研究開発を行っています。各コア技術は高度化・専門化しており、中でも当社の重点技術である綿(セルロース)改質技術、生理学的設計技術、精密押出し技術、分散混合技術、コーティング技術などは、コアコンピタンスとして様々な製品の創出に役立っています。
それぞれの技術には、自社開発された製造装置や原材料面からのアプローチなどにより、独自のノウハウが蓄積されており、それらを融合、また各事業部門にまたがるノウハウと組み合わせることにより、新たな技術・製品を創出しています。

加工技術を通じたイノベーションの創出

加工技術を通じたイノベーションの創出

図を大きいサイズで見る

グンゼの研究開発戦略

取締役兼執行役員 研究開発部長 及川 克彦 取締役兼執行役員 研究開発部長 及川 克彦

取締役兼執行役員
研究開発部長
及川 克彦

コア技術のさらなる深化と融合により、社会のニーズに応えます。

3つのコア技術である、繊維加工技術、樹脂加工技術、表面加工技術の融合により、人々のニーズに応える新たな商品を創出していきます。そのために、材料科学に対する知見を深めるとともに、高度なオリジナル生産設備の開発と、分析・評価技術の獲得を進めていきます。

衣療分野と機能性フィルムの開発により、QOLの向上に貢献します。

少子高齢化社会が進む中、当社の技術を活かすべき次なる成長の場は、健康と衣療分野と捉えています。グンゼは、QOL(クオリティ オブ ライフ)の向上に貢献するために、当社のアイデンティティともいえる衣料製品をもとに、健康と衣療分野に向けた新商品開発を行っていきます。
さらに、樹脂加工技術を使って、QOL向上と環境負荷低減を両立させた、社会ニーズに応えられる、機能性フィルムの開発を進めていきます。

衣療

これまで当社は肌着製品の「ここちよさ」の向上を掲げ、快適さを科学的に検証し、商品開発を行ってきました。その「ここちよさ」の次なる形として、「衣」で「療」やす、「衣療」という考え方を提唱しています。

QOLへの取り組み