GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

QOLへの取り組み

グンゼは「人々のクオリティ オブ ライフ(QOL)」の向上に貢献する健康・医療関連分野の成長をビジョンに掲げ、QOL研究所を設立しました。

高齢化が進み、健康長寿と云われる中、健康寿命と平均寿命の差を小さくすることが我が国の課題となっています。いかに人間らしく、いかに自分らしく、いかに満足して生きていくか、QOL(クオリティ オブ ライフ)向上への関心は高まっており、世界規模で大きなテーマとなっています。

QOL研究所

グンゼのQOL研究所では、当社既存事業の健康・医療分野進出への技術的なサポートを行っており、それぞれの事業をQOL(クオリティ オブ ライフ)の観点から見つめ、製品・サービスの企画や技術支援を行っています。

再生血管
再生血管

グンゼのQOL向上の柱となるのはメディカル分野です。
縫合糸など医療機器として長期間臨床現場で使用いただいている生体内吸収性材料は、先端医療においても新たな用途として研究開発されており、再生医療の現場で新たな道を切り開いています。

先天的な病気である「単心室症」の手術に用いられる生体内吸収性の再生血管は、米国での製品化を目標とし、人への有効性と安全性を確認するための治験段階まで進んでいます。

今後は、メディカルの強みである「生体内吸収性材料」の特長を生かし、再生医療、低侵襲治療※、個別化治療(カスタムメイド治療)など、QOL向上に資する医療機器の研究開発を進めていきます。

低侵襲治療・内視鏡治療やカテーテル治療など、できるだけ体を傷をつけずに行う治療

QOL研究 イメージ図

図を大きいサイズで見る

アパレル分野では、人体生理学に基づいた衣料(肌着)の研究開発も行ってきました。

QOL研究所では、こうした技術と知見をいかして、これまでの着心地のよい「衣料」から、衣で悩みに寄り添う「衣療」の分野に新たに挑戦しています。
2016年2月には、乳がんなどの手術後や、さまざまな皮膚のお悩みにより、お肌が敏感になった方のセルフケアをサポートする低刺激製品「Medicure(メディキュア)」の発売を開始しました。
「Medicure(メディキュア)」は医療現場の声をもとに、肌にとって重要な3つのキーワード「物理的な刺激を軽減」「化学的な刺激を軽減」「着用感を含む快適性」に、当社の素材や加工をマッチングさせて製品開発を行っています。

今後もセルフケアをサポートする製品の開発と共に、企業や自治体、医療機関などとも連携して、QOL向上のためのセルフケア支援への取り組みを続けていきます。

  • 無縫製インナー
    完全無縫製®
    糸を全く使わず、特殊な接着材で仕上げることで、縫い目による肌あたりをなくし、肌への負担も軽減。
  • 看護師向けセミナー
    看護師向けセミナー
    2016年11月に看護師を対象としたセミナー「乳がん患者のセルフケア」を開催。認定資格を持つ看護師を講師として、講義やパネルディスカッションを通じて、医療の困りごとを実体験を交えて紹介。

Medicure(メディキュア)

スポーツ分野では、自治体や医療機関などと連携しながらQOL向上を目的とした新しいスタイルのクラブ運営への取り組みを進めています。
2017年5月には、富山市(総曲輪レガートスクエア)とグンゼスポーツが一体となり、健康維持のための「運動体感プログラム」を開催しました。
子どもから大人まで楽しみながら家族で参加できる「カラダ・姿勢が変わる簡単ボディケア」として、簡単姿勢チェックや骨盤運動アシスト体験など、正しい姿勢を理解して意識的な改善につなげます。 11、12月には第二弾として、女性を対象にした「女性のための腰痛予防」やシニアを対象とした「転倒しにくいカラダづくり」などのイベントの開催も予定しています。

総曲輪レガートスクエア・・・富山市中心部の旧総曲輪小学校の跡地にできた「医療・福祉・健康」をテーマとした官民連携の複合施設(2017年4月1日オープン)。自治体初の直営産後ケア施設も完備。

  • カラダ・姿勢が変わる簡単ボディケア
    「カラダ・姿勢が変わる簡単ボディケア」イベントの様子
    正しい姿勢を理解して意識的に改善

衣療と未病 イメージ図

図を大きいサイズで見る