GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

研究開発方針

グンゼの研究開発方針

グンゼの研究開発方針

グンゼは創業以来、加工技術を中心とした技術展開を行ってきました。現在は3つの加工技術をコア技術とし、それぞれの成長分野を中心に、さらなる技術開発を推進しています。
当社の研究開発の大きな特徴は、分野や研究室という枠組みを超えたフレキシブルな体制にあります。これにより技術間の相互応用や技術融合が促進され、これまでにも数々のイノベーションを創出してきました。
また、技術の深化・融合を図るだけでなく、各事業部門のビジョンに基づいた研究開発を行い、社会のニーズの一歩先を見据えた価値を提供することで、新たな顧客の創造を目指しています。

研究開発の指針
  • 成長分野の技術開発
  • 保有技術リソースの融合による新規事業の創出
  • 事業ビジョンに基づく商品・生産技術の開発

グンゼの研究開発分野

グンゼは、繊維加工技術、樹脂加工技術、表面加工技術といった3つの加工に関するコア技術を主軸として研究開発を行っています。各コア技術は高度化・専門化しており、中でも当社の重点技術である綿(セルロース)改質技術、生理学的設計技術、精密押出し技術、分散混合技術、コーティング技術などは、コアコンピタンスとして様々な製品の創出に役立っています。
それぞれの技術には、自社開発された製造装置や原材料面からのアプローチなどにより、独自のノウハウが蓄積されており、それらを融合、また各事業部門にまたがるノウハウと組み合わせることにより、新たな技術・製品を創出しています。

加工技術を通じたイノベーションの創出

加工技術を通じたイノベーションの創出

図を大きいサイズで見る

グンゼの技術

ウェルネス分野、メディカル分野、環境対応分野―
お客さまのニーズに沿った創意工夫の積み重ねが新たなイノベーションを生み出します。

取締役 兼 執行役員 研究開発部長 及川 克彦取締役 兼 執行役員 研究開発部長 及川 克彦

取締役 兼 執行役員 研究開発部長
及川 克彦

「グンゼしかやらない」

ある開発をしていた時に、社内の先輩から掛けられた言葉です。この「~しかやらない」という表現について、現在のように変化が激しく、企業にとってサステナブルな考えに基づく経営が必要な時代において、改めて深く考えさせられています。
当社の研究開発は、養蚕家に優良な蚕種を提供する目的でスタートしました。
それ以降、脈々とその時々に必要とされる優良品の提供のために、研究開発活動が受け継がれてきました。
祖業である絹糸の時代から当社は基本的に原料を持たない加工メーカーであり、現在のアパレル、機能ソリューション分野ともに、創意工夫された加工技術によってお客さまのニーズに沿ったものを提供することを生業としてきました。
原料を持たないことが、結果としていろいろな組み合わせに積極的にチャレンジすることになり、オリジナル性の高い製品を生みだしていると言えます。
冒頭の「~しかやらない」には2つの意味があって、こんな試作品を作るような変わったやり方は、グンゼの研究部門でしかやらない。
つまり否定的な意味合いを持っています。
一方で、この製法はどこもまねのできないオリジナルな製品を生み出すための源泉であり、ドンドンやるべきだという肯定的な意味合いがあります。つまりこの言葉には相対する両面性があり、その言葉を投げかけた先輩は、両面ともに重要なことであると伝えたかったのだ、と理解しています。
この二面性のバランスを取っていくことが、当社の研究開発の強みであり、事業部門での主力製品のいくつかはこの製法で作られた、と言えます。
これらの開発を実現するために、創業当時から材料系と機械・電気系の人財が交流を積極的に行う環境が培われており、他社にない製造装置を構築することによって差異化商品の創出に役立っています。
当社の製品は、多くの石油由来の原材料を使っています。
特にプラスチックは、技術的に大きなイノベーションが何度も生み出され、広く生活に浸透している優れた材料である一方で、自然界で完全に分解されることなく中途半端に残ってしまう、という大きな問題があります。
私たちは、便利さゆえに広範囲で使われることによって発生しているこの課題を解決することに、全力で取り組まなければなりません。
ただ、この課題は当社だけで解決する問題ではありません。
広く業界の垣根を超え、Common Good(共通善)の考えで取り組む方向も大切だと思います。
共創すべき点と、競争すべき点を両立させながら、プラスチックがサステナブルな社会へ貢献する優れた製品であることを伝える積極的な発信が必要と考えています。
当社は、リサイクル特性に優れ、CO₂削減につながる製品や、医療機器系向け部材など、QOL改善につながる製品開発を強化してまいります。
現在、新たな取り組みとして全樹脂電池用の集電体の開発に注力しています。
この製品は、樹脂、すなわちプラスチックの特性を利用することにより、安全かつエネルギー問題に大きく貢献し、新しい社会インフラを生み出すもの、と捉えています。
当社はこれからもサステナビリティを強く意義した製品群を生み出してまいります。

QOLへの取り組み