GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

トップコミットメント

代表取締役社長 廣地 厚 代表取締役社長 廣地 厚

CSV経営を強化し、
顧客満足と 企業価値向上をはかる

グンゼの原点は社会貢献

グンゼは1896年(明治29年)京都府何鹿郡(現在の綾部市)に設立されました。
単に企業としての利潤追求ではなく、「郡の方針(是)として地場産業を発展させ、何鹿郡を豊かにする」という創業者の強い思いを「郡是(グンゼ)製絲株式会社」という社名に託しました。
この「郡是」という考え方に基づき、当社グループでは「人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる」という「創業の精神」を変えてはならない経糸(たていと)として現在まで受け継いでまいりました。
従いまして、120年を超える当社の歴史の原点は、「創業の精神」に示された社会貢献であり、今日の「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の考え方そのものであったと確信しています。

2018年度の振り返りと2019年度の取り組み

2018年度は、中期経営計画「CAN20」のキーコンセプトである「集中と結集」を旗印に、更なる成長と利益重視の方向性のもと、当社差異化技術を活かした付加価値商品の市場拡大とともに、不振事業の構造改革による収益体制構築を進めました。
機能ソリューション事業では、プラスチックフィルム分野及びエンジニアリングプラスチックス分野を中心に好調に推移しました。アパレル事業は、消費者の節約志向と天候影響を受ける中、インナーウエア分野では、BODYWILD「AIRZ」などの差異化商品を新展開するとともに成長販路の取り組みを強化してまいりました。
2019年度は、機能ソリューション事業では、プラスチックフィルム分野は業績が拡大している中、新市場・新商品の開発とベトナム新工場を立上げグローバル生産体制をさらに強化してまいります。エンジニアリングプラスチックス分野は、主力OA市場向け商品及び半導体関連などの繊維技術製品拡大のため、江南工場の増設を計画しております。メディカル分野は、新たにメディカルユーアンドエイ社を子会社化し骨接合材などの拡大を目指してまいります。
アパレル事業では、インナーウエア分野は、BODY WILD「AIRZ」の展開店舗拡大に加え、完全無縫製・カットオフ商品、スポーツカテゴリー商品を拡販するとともにECなどの新規販路の拡大をはかってまいります。レッグウエア分野は、SABRINAなどの主力ブランドを核とし、市場トレンドと消費者潜在ニーズを先取りした新市場・新商品開発に努めます。
ライフクリエイト事業では、商業施設の収益力向上とグループの発展に向けて投資効率を考慮した保有資産の有効活用を推進してまいります。

次期中期経営計画に向けて

2021年度から始まる次期中期経営計画については、創業の精神に基づき、循環型社会への貢献を新たなテーマに取り組んでまいります。
海洋プラスチック問題を考慮した環境配慮型製品の開発、脱炭素社会に向けた植物由来原料による製品開発など、地球環境にやさしい新たな事業創出に挑戦します。 また、差異化要素にさらに磨きをかけるとともに市場競争力を高めてまいります。そして、メディカル事業などのQOL関連事業を成長エンジンとして、将来に向けた積極的な事業展開を進めていきたいと考えております。
当社では、2018年度から事業活動を通じて社会課題の解決を目指す「CSV経営(CSV=CreatingSharedValue:共通価値の創造)」をSDGsに対応し推進しております。
私たちは、「お客さまへ『ここちよい商品、ここちよいサービス』の提供に徹し社会に貢献する」という強い意志をもち、「社会にとって必要とされる企業」「社会とともに持続的に発展する企業」として顧客満足と企業価値のより一層の向上をはかります。
また、2018年6月に改定されたコーポレートガバナンス・コードでは、自社の資本コストを的確に把握したうえで、事業計画や資本政策の策定、事業ポートフォリオの見直しや経営資源の配分、政策保有株式への対応が求められております。
当社グループでも、株主重視の観点からROE(自己資本利益率)をグループ重点指標として掲げ、その向上に取り組んでおります。
今年は、2020年度をゴールとする中期経営計画「CAN 20第2フェーズ」の3年目を迎え、「セグメント事業戦略」「新規事業創出」「経営基盤強化」の3つの基本戦略により、「CAN20」最終年度の戦略目標及びKPI指標を見据えた取り組みを着実に進め、次期中期計画へとつなげてまいります。
皆さまのより一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

グンゼ株式会社
代表取締役社長
代表取締役社長 廣地 厚
GOALS世界を変えるための17の目標