GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

CSRマネジメント

持続可能な開発目標(SDGs)

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGsへの取り組みについては、2015年9月、国連サミットで2030年までの「持続可能な開発目標」として採択され、世界的規模で17の目標の実現に向けた取り組みが推進されています。

SDGsの17の持続可能な開発目標

SDGsの17の持続可能な開発目標

図を大きいサイズで見る

SDGsの17の持続可能な開発目標

ESG(環境・社会・ガバナンス)

ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。
今日では、企業の持続的な成長と関連性が高い「環境対応(E)、社会責任(S)、企業統治(G)」に対する経営的取り組みが必要であるという考え方が急速に広がっています。
また、企業の株主である機関投資家を中心に、投資において財務情報のみならず非財務情報であるESGも考慮することが増えてきています。(ESG投資)

E(Environment)環境で求められること
地球温暖化対策
環境負荷低減のための取り組み
環境関連ビジネスの拡大
事業を通じた環境問題の解決
など
S(Social)会社で求められること
人権啓発の推進・ダイバーシティ向上
顧客の安全品質確保
従業員・家族の健康増進
地域社会の健康促進参画
女性活躍推進
グンゼグループサプライヤー行動規範の遵守
事業を通じた社会問題の解決
など
G(Governance)ガバナンスで求められること
リスクマネジメント体制の構築
コンプライアンスの徹底
災害対策とマネジメント
データセキュリティとプライバシーの保護
など