GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

お問い合わせ

English

CSRマネジメント

CSRの原点は創業の精神

私たちは「人間尊重」「優良品の生産」「共存共栄」という創業の精神を経糸(たていと)に、「社是」の実践を通じて、社会からの期待に誠意をもって柔軟に応えることを緯糸(よこいと)として、社会に貢献してまいります。

創業の精神 人間尊重と優良品の生産を基礎として、社会をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる。 創業の精神 人間尊重と優良品の生産を基礎として、社会をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる。

社是

社是 1.優良品の提供に徹し社会に貢献する 1.誠意をつくし信頼の輪をひろげる 1.若さと創意をいかし世界の一流をめざす

グンゼ行動規範

第一章グンゼは、企業活動を通じて社会貢献に努め、企業市民としての責任を果たします。
1.  社会に有用、かつ安全な製品・サービスを開発、提供し、お客様に安心と満足をお届けします。
2.  企業活動にあたって、環境問題に積極的に取り組み、地球との共存に努めます。
3.  社会活動、地域活動を支援、またはこれに参加し、社会貢献を果たします。
4.  構成員が良き企業人、社会人となるよう教育、啓発し、あらゆる企業活動において人権、人格、個性を尊重します。
5.  社会とのコミュニケーションを大切にし、開かれた企業として、企業情報を積極的、かつ公正に開示します。
第二章 グンゼは、世界に通じる公正なルールにのっとり活動します。
1.  社会のルールを遵守し、公正かつ自由な競争の中で、企業活動を行います。
2.  法律を遵守するとともに、常に高い倫理観をもち、違法な、また反社会的な行為は行いません。
3.  反社会的団体、反社会的勢力に対しては、毅然とした態度を示し、これらを排除する姿勢を貫きます。
4.  国際ルールを遵守し、また関係各国の文化、慣習を尊重し、信頼が得られる企業活動を行います。
5.  社内で問題が発生した時は、経営トップ自ら迅速に原因究明に努め、責任を明確にした上で、規程にのっとり厳正な処分を行い、再発防止のために必要な措置を講じるとともに、その情報を適時・的確に内外に開示します。
第三章私たちは、なにごとにも積極果敢に挑戦するとともに、良識をもって行動します。
1.  常にお客様の立場に立って考え、その期待に応えるために、自覚と責任をもってスピーディな仕事をします。
2.  会社の情報、その他の財産の適切な管理に努め、不正行為や公私混同をしない・させない良識ある社会人として行動し、行動規範に反する事態を認識した時は、経営トップを含め関係者にその情報を迅速に伝達します。
3.  企業目標と自らの夢を実現するために、積極的な自己研鑚と提言・議論に努めるとともに、失敗を恐れず、果敢に挑戦します。
4.  一市民として積極的に社会、地域活動に参加し、社会との友好な関係を築きます。
5.  思いやり、いたわりの心を大切にし、お互いの人権を尊重します。

CSR基本方針

企業理念、社是、グンゼ行動規範を経糸に、取り巻くすべての利害関係者からの要請・期待に敏感に、柔軟に、誠意をもって応え、公正で誠実な企業活動を推進し、地球・社会と企業の持続的発展を目指し、社会的責任を果たします。

  • お客さまのために

    常にお客さまの立場に立って考え、優良な商品・サービスの提供に徹し“売って喜び買って喜ぶ”を実践する。品質を第一義に、安全、安心、快適、満足を追求し、環境と人にやさしい製品・サービスの開発、提供で持続可能な社会の実現のために努力する。

  • お取引先さまのために

    共存共栄の実現を目指す。独占禁止法、下請代金支払遅延等防止法をはじめとする関連法令およびその精神を順守することはもとより、公正かつ自由な取引を行う。公正さを疑われるような贈答や接待をしたり、受けたりしない。雇用における差別禁止、強制労働の禁止、児童労働の禁止を求める。

  • 地域社会のために

    積極的に社会、地域活動に参加し、社会との友好な関係を築き、地球・社会との持続可能性を追求する。

  • 従業員との関係において

    雇用および処遇における差別を行わず、機会の均等を図る。事業活動に関わるすべての人の人権を尊重し、強制労働・児童労働は行わない。従業員が適財※適所、多様性を発揮できる能力開発を推進し、社会に貢献できる人財※を育成する。従業員が自らの意思により労働組合を結成する結社の自由および集団で交渉する権利を、法律で禁止されていない限り尊重する。

    グンゼでは人は財産であると考え、社内では「適財」、「人財」を用いています。

  • 地球環境のために

    事業活動の全過程において生物多様性を含めた地球環境の保護、CO2削減に積極的に取り組む。事業活動を通じた環境配慮型製品・サービスの提供を通じて、環境にやさしい社会の実現に貢献する。

  • 株主・投資家のために

    CSR推進を通じ企業の信頼を高める。企業情報を積極的かつ公正に開示し、その信頼に応える。

関連情報

CSR推進体制

2017年度から、全社的な取り組みとしてCSR委員会、働き方改革委員会、リスクマネジメント委員会の3つの委員会を設置しました。「CSR委員会」では、さまざまな立場や多面的な角度から知恵を結集し、今まで専任組織が中心となっていたCSR活動を事業活動自体が社会的責任につながる活動に進化させ、グンゼグループとしてのCSR活動に取り組んでいます。「働き方改革委員会」では、女性活躍推進を含めたダイバーシティ推進、さらにワークライフバランスに対応した効率的な働き方をIT環境の整備も含め、積極的に推進していきます。「リスクマネジメント委員会」では、コンプライアンス担当委員を委員長、本社機能部門長をメンバーとして、グループ全体のリスク案件について情報共有を図り、発生防止策などについて検討しています。これら委員会が有機的に連動することにより社会から信頼される企業としてのガバナンス体制を徹底していきます。さらに、専門委員会として環境、PL、ITセキュリティ、品質保証、医療倫理の各委員会を設置、機動的に各専門委員会それぞれが所管するリスク管理を行なっています。最終的に全社共有する組織としてCSR委員会があり、優先順位の高いリスクを審議し管理しています。
当社グループのCSR推進体制は次のとおりです。

CSR推進体制

図を大きいサイズで見る

CSR委員会

CSR担当役員を委員長、CSR委員※をメンバーとし、解決すべき社会的課題(ESG※)について自社事業活動を通じて持続可能な社会の実現及び企業価値向上を目指すため、CSR委員会で戦略的CSRを実践する上での基本方針の審議・決定、並びに推進事項および課題への対策を審議します。
CSR委員会の下部組織に、各事業部門にCSR委員会の決定事項の徹底や各部門における次年度展開を計画・実践する組織として部門CSR委員会を設置します。尚、部門CSR委員会での実践状況は、CSR委員会で報告され、活動内容を全社レベルで把握することにより組織的なCSRマネジメントを推進していきます。

  • CSR委員:事業グループ部門長、機能部門長、関係会社社長、機能部各室長など
  • ESG:「Environment (環境)」「Social (社会)」「Governance (企業統治)」

研修会

コンプライアンスやリスクに対する意識を高め、対応能力の向上を図るために、必要に応じ研修会を開催しています。

2016年度実績

研修会名 テーマ・内容 対象者 人数
情報・知的財産管理 営業秘密管理 CSR推進リーダー 42
グローバル時代のリーガルリスク ESG、グローバルリスク、コンプライアンス CSR推進リーダー 42
ハラスメント防止管理者実践セミナー ハラスメント防止 部門CSR責任者 40
新入社員集合研修 CSRの基礎 2016年度総合職新入社員 32
新任管理職研修 コンプライアンスの実践 新任管理職 19
事業所での研修 風通し向上、ハラスメント防止など 構成員 1346

内部通報制度

公益通報者保護法に基づき従業員からの法令違反行為等に関する通報・相談を受け、不正行為等の防止および早期発見と是正を図るため、なんでも相談ホットラインを設置しています。2016年度は43件の通報・相談が寄せられました。対応にあたっては、通報・相談者の了解を得たうえで、事業所の責任者に報告し、早期解決と再発防止に努めています。

相談・通報内容の内訳(年間件数)

相談項目 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
職場の人間関係 10 22 9 18
セクシュアル・ハラスメント 1 2 2 0
パワー・ハラスメント 5 0 1 0
職場の規律・コンプライアンス 2 1 8 4
メンタルヘルス 2 0 2 4
労働時間管理 4 1 2 0
雇用・処遇 0 0 0 6
その他 18 9 7 11
合 計 42 35 31 43